ホーム > 病院について > 診療実績 DPC臨床指標 > 病院情報の公表(平成27年度 賛育会 病院指標)

病院情報の公表

平成27年度 賛育会病院指標

対象

平成27年4月1日から平成28年3月31日までの退院患者。
入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植は集計対象外。

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 985 67 197 387 304 192 246 410 349 170
【解説】
当院は、周産期医療、地域成人医療、終末期医療の三本柱の方針で医療活動を行っています。
周産期医療を中心としており新生児の患者様が多く0歳~9歳台の患者数が最も多く産婦人科疾患を中心に20歳台~40歳台の患者様を診療しています。
高齢化してくる60歳以上の患者様は地域の成人医療として各診療科で対応しております。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 86 31.19 21.69 5.81 87.74
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 79 15.49 14.34 5.06 73.48
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 28.83 18.30 6.90 83.86
【解説】
当院の内科では、高齢の患者様の肺炎等での入院が非常に多く、次いで心不全の患者様が多くなっています。肺炎は、飲食物や喀痰が誤って気管内に入り発症する誤嚥性肺炎が一番多く、次に飛沫感染等で発症する市中肺炎が多くなっています。ともに抗生剤の点滴治療を行います。心不全は心臓機能が低下したことにより血液が全身に送り出せず心臓内に血液がうっ滞する状態のうっ血性心不全の治療を行います。利尿剤や血管拡張剤を用いて治療を行います。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 168 5.66 6.17 5.36 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 162 5.64 5.72 0.00 1.94
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 5.62 6.31 0.00 3.02
【解説】
当院の小児科では、新生児に発症する様々な病態(黄疸、呼吸障害、栄養障害等)が多く、出生時体重が2500g以上の新生児の入院が多いです。次いで乳幼児期の肺炎患者数が多くなっています。3番目には小児喘息が多くなっています。新生児に発症する病態においては、新生児黄疸等に対して、光線療法等の各種治療を行います。肺炎患者には抗生剤治療を行います。喘息に対してはステロイド投与やネブライザー吸入等を行い治療します。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 52 3.02 4.51 0.00 72.23
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 41 3.00 3.32 0.00 2.10
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 7.50 9.17 0.00 59.13
【定義】
患者数については一入院期間を1名と数えており、同一の患者様が再入院された場合は2名と数えます。また、短期滞在手術基本料を算定している患者様のデータは包括請求とならないため集計されておりません。
【解説】
当院の外科においては、「直腸肛門(直腸S状結腸部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2の6あり」という診断群分類が多く、これは直腸癌術後の患者様や手術不能の患者様に、抗がん剤治療を行うものです。一月に2回、3日間毎の入院で、抗がん剤と共に「アバスチン」という分子標的薬も併用して点滴投与するものです。2番目に多い「停留精巣 手術あり」は、本来陰嚢内にある精巣が体内に入り込んでしまっているため、手術を行い、陰嚢内に戻すものです。3番目の「ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし」は、何らかの事情により腸閉塞をきたした患者に対し、絶食点滴加療を行い、閉塞部位が開通するまで腸管を温存し保存的に加療を行います。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 32 3.22 6.14 0.00 46.19
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 22 35.41 20.64 9.09 75.86
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 18 20.72 21.52 0.00 72.56
【解説】
整形外科では、「骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)四肢・駆幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし」という診断群分類が1番多くなっています。身体の軟部に発生する腫瘍(良性)の切除を2泊3日の短期入院で行っています。ついで「股関節大腿近位骨折 その他の手術あり」が多く、大腿骨頸部骨折や大腿骨転子部骨折の患者様に対し、人工股関節置換術等を行うものとなっています。3番目の「胸椎・腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし」は胸椎や腰椎の圧迫骨折により歩行が困難になった患者様にリハビリテーションを行い歩行が可能になるまで入院治療を行うものです。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 174 2.06 2.34 0.00 34.20
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 63 13.65 20.87 12.70 30.54
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 54 10.57 10.18 0.00 43.57
【定義】
保険診療のみで入院された患者様が対象です。分娩を伴う入院に関しては自費診療の部分が存在し、今回の集計の対象外となります。
【解説】
当院の産婦人科では、「流産」の診断群分類が一番多くなっています。これは流産が多いということではなく、健常妊産婦の方は診断群分類が付与されないためです。2番目の「早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし」は早産(妊娠37週未満での出産)になりそうな患者様に子宮収縮抑制剤を投与するものです。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり 13 2.62 2.53 0.00 71.62
【定義】
短期滞在手術基本料を算定する患者様や高額新薬等を使用したことによる出来高請求の患者様はDPCでの包括対象とならないため集計から除外されております。
【解説】
当院の眼科では「黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2_4あり」という診断群分類のみが集計されております。黄斑変性の患者様の硝子体にラニビズマブやアフリベルセプトという薬剤を注射し治療を行います。また、短期滞在手術基本料となるため集計結果にはありませんが当院では白内障に対する水晶体再建術の症例が一番多くなっています。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - - - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - - - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - - - -
【解説】
当院の耳鼻咽喉科では「突発性難聴」という診断群分類が一番多く、ステロイドによる点滴加療を行います。次いで「扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし」という診断群分類ですが、こちらは扁桃腺炎等の患者様に抗生剤を投与し治療します。3番目の「前庭機能障害 手術なし」はメニエール病や良性発作性頭位めまい症等の患者様に点滴治療を行います。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 10 1 7
大腸癌 - - - 16 - 85 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
患者数としては大腸癌が多くなっています。ステージⅢ,Ⅳと早期癌が少なくなっています。当院では開腹手術、抗がん剤治療を患者さんに合わせて行っております。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 7.42 50.33
重症度 1 16 26.56 76.94
重症度 2 14 20.71 81.93
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
【解説】
当院では重症度1と2の比較的軽度~中等度の肺炎の患者さんが多く、次いで重症度が0の患者さんが多くなっています。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 14 49.86 84.93 11.11
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
【解説】
当院ではI63$のICD10となるアテローム血栓性脳梗塞の患者様が大部分を占めます。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径 2㎝未満) 61 0.13 1.07 0.00 61.84
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) - - - - -
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2㎝未満) - - - - -
【解説】
当院では消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科等を総合して内科として標榜しております。内科では消化器内科医による内視鏡的大腸ポリープ切除術を行っております。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術 2.仮死第2度のもの - - - - -
K9131 新生児仮死蘇生術 1.仮死第1度のもの - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
【解説】
小児科では、新生児仮死蘇生術を行います。重症の患児はNICUに入室して集中治療を行います。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径 2㎝未満) 71 0.11 1.28 0.00 62.18
K836 停留精巣固定術 41 1.00 1.00 0.00 2.10
K6335 ヘルニア手術 5.鼠径ヘルニア 30 0.97 2.60 0.00 63.03
【解説】
外科では、外科医による内視鏡的大腸ポリープ切除術が一番多く、続いて小児に対する停留精巣固定術が多くなっています。3番目のソケイヘルニア手術は小児から成人まで広範囲の年齢の患者様に対応しております。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 36 5.19 27.00 5.56 74.33
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿) 22 1.00 1.32 0.00 48.82
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿) 22 4.59 25.64 0.00 70.82
【解説】
整形外科では、1番に人工関節置換術、次いで軟部腫瘍摘出術、3番目に骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿)を行っています。人工関節置換術は、主に大腿骨頭壊死症や大腿骨頸部骨折等の患者様に対し股関節の置換を行っています。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術 1.妊娠11週までの場合 163 0.05 1.03 0.00 34.26
K877 子宮全摘術 53 1.13 8.91 0.00 47.25
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 2.腹腔鏡によるもの 48 1.02 3.10 0.00 38.67
【解説】
産婦人科では一番に流産手術、次いで子宮全摘術、3番目に腹腔鏡下子宮付属器腫瘍摘出術を行っています。上記の3件以外に帝王切開術を多数行いますが、分娩(自費診療)に関わるため集計対象から除外されております。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 85 1.01 1.00 0.00 75.58
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
【解説】
眼科では白内障に対する水晶体再建術を主に行っています。患者様の状態によって眼内レンズ挿入を行わない場合もあります。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K3892 声帯ポリープ切除術(ファイバースコープによるもの) - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
【解説】
耳鼻咽喉科では、声帯ポリープ切除術、口蓋扁桃手術(摘出)、鼓膜チューブ挿入術の順で手術件数が多くなっています。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.33
異なる - -
【解説】
・播種性血管内凝固(DIC)は、全身の血管内に血栓が発生し、結果、凝固因子の著しい低下により出血を起こす疾患です。敗血症は、肺炎や尿路感染症等の細菌感染により血管内で細菌が増殖し全身性に炎症を起こす疾患です。
・当院における播種性血管内凝固は敗血症等の細菌感染から派生したものと出産によって生じる産後播種性血管内凝固です。当院では入院時に播種性血管内凝固の状態で入院される患者様は少なく、産後播種性血管内凝固や、敗血症から派生し発症される患者様が大半です。敗血症は入院時に敗血症の状態で緊急入院された患者様が6名と重症肺炎等で入院された患者様が増悪され、敗血症に至った患者さまが8名となっております。
・手術・処置等の合併症は、11件の症例があります。人工関節置換術後に人工関節感染等を発症し入院される患者様や、開腹手術後の創部感染等で入院される患者様がいらっしゃいます。
※患者数が10名未満の場合は「―」表示となります。
更新履歴

カテゴリ:お知らせ