病院について

ホーム > 病院について > 病院の歴史・概要

病院の歴史・概要

賛育会病院の概要

名称 社会福祉法人 賛育会 賛育会病院
所在地 〒130-0012 東京都墨田区太平3-20-2
TEL 03-3622-9191(代表)
病院長 鈴木 正明
開設年月 大正7年3月16日
病床数 199床
看護体制 7:1
診療科目 産婦人科・内科・小児科・外科・整形外科・耳鼻咽喉科・ 眼科・皮膚科・泌尿器科・緩和ケア科・麻酔科
外来診療受付時間 診療科によって診察日時が異なります。詳しくは「外来診療医師担当表」をご覧ください。
休診日 日曜日、祝日、年末年始(12月30日~1月3日)
面会時間 13時00分~20時00分
付属施設 健康管理クリニック
母子保健推進室(ぽぽんたルーム)
関連施設 賛育会訪問看護ステーション
〒130-0012 墨田区太平3-18-5 千代津ビル1階
TEL 03-3622-9188   FAX 03-6853-9003
施設基準
届け出一覧
当病院は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合するものとして、次の届出を行っています。
  • 基本診療料
    • 一般病棟入院基本料(急性期一般入院基本料1)
    • 救急医療管理加算
    • 妊産婦緊急搬送入院加算
    • 診療録管理体制加算2
    • 医師事務作業補助体制加算2(40:1)
    • 急性期看護補助体制加算(50:1)
    • 看護職員夜間配置加算2
    • 医療安全対策加算1
    • 感染防止対策加算 2
    • ハイリスク妊娠管理加算
    • ハイリスク分娩管理加算
    • 総合評価加算
    • 後発医薬品使用体制加算3
    • 病棟薬剤業務実施加算(1
    • 入退院支援加算1・3(+入院時支援加算)
    • データ提出加算2(200床未満)
    • 感染防止対策加算 2
    • 新生児特定集中治療室管理料2
    • 小児入院医療管理料2
    • 緩和ケア病棟入院料1
  • 特掲診療科
    • がん性疼痛緩和指導管理料
    • 乳腺炎重症化予防・ケア指導料
    • 夜間休日救急搬送医学管理料の注3に規定する救急搬送看護体制加算
    • 薬剤管理指導料
    • 医療機器安全管理料1
    • 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
    • 在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
    • HPV核酸検出
    • 検体検査管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)
    • 補聴器適合検査
    • 小児食物アレルギー負荷検査
    • CT撮影及びMRI撮影
    • 外来化学療法加算1
    • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
    • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
    • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
    • 胃瘻造設術
    • 輸血管理料Ⅱ
    • 輸血適正使用加算
    • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 入院時食事療養
    • 入院時食事療養(Ⅰ)
取扱い保険、
指定医療機関
  • 健康保険指定医療機関
  • 国民健康保険療養取扱医療機関
  • 老人保健医療取扱医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核予防法指定医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 母体保護法指定医療機関
  • 母子保健法(養育医療)指定医療機関
  • 児童福祉法(育成医療)指定医療機関
  • 身体障害者福祉法(更生医療)指定医療機関
  • 精神保健福祉法通院医療指定医療機関
  • 公害医療指定医療機関
  • 原爆被爆者一般疾病指定医療機関
  • 救急指定医療機関
その他 東京都指定二次救急医療機関(内科系・外科系)
東京都地域周産期母子医療センター
臍帯血バンク協力病院

 

当院は、医師・看護師・助産師・コメディカル等の臨地実習受け入れ協力病院です。

 —臨地実習にご理解とご協力をお願いいたします。—

 賛育会病院は、臨地実習受け入れ協力病院です。
実習生は、大学や専門学校における事前学習で知識・態度・技術・個人情報の厳守を習得しております。臨地実習期間中は、患者さんをはじめ関係者の皆様にご協力をお願いすることがありますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

賛育会病院の歴史

東京帝国大学キリスト教青年会(現在の東京大学YMCA)の有志が、防貧事業の趣旨から、母性の保護とともに生まれ出る人生の第一歩から健全 であってほしいとの願いを抱き、「キリスト教の趣旨に基づき、婦人と小児の保護保健及び救療をなす目的をもって」1918年3月16日に賛育会を設立し た。

1918年 4月 東京市本所区太平町(現在の墨田区錦糸1丁目)に借家を借りてベッド1台、机と椅子1脚で「賛育会妊婦乳児相談所」を開設。
1919年 8月 「本所産院」を開設。わが国で一般庶民層を対象とした最初の産院。
1923年 9月 関東大震災によって全施設を消失。
12月 仮建築ながら産院と乳児院を再開。
1930年 2月 地上3階、地下1階の「賛育会病院」を建築。
1937年 6月 訪問看護婦が乳児の家庭を訪問し、母親に育児指導等を行い、今日の在宅訪問看護の先駆けとなった。
1945年 3月 東京大空襲により、賛育会の全施設を一挙に失う。
1946年 6月 焼失した賛育会病院本館の残存部分に手を加えて事業を再開。
1951年 10月 昭和天皇・皇后両陛下がご視察頂くまでに復興。
1962年 11月 母子保健館を開設。
1970年 7月 鉄筋コンクリート造り地上7階、地下1階の近代的病棟を新築し、外来部門も充実させ総合病院として生まれ変わる。
1972年 4月 医療法上の承認を得て、正式に総合病院と称する。
1976年 7月 病棟内に健康管理室を開設。
1992年 9月 病棟の増改築工事が完了し、病室、手術室、分娩室、未熟児室等がより近代的になる。
CTを導入。
1994年 1月 健康管理センターを賛育会病院健康管理クリニックと改称。
1995年 10月 新生児特定集中治療室管理(NICU 3床)の施設基準を取得。
1996年 3月 訪問看護ステーションを開設。
7月 新生児特定集中治療室管理の施設基準を3床から6床に 変更。
1997年 10月 東京都地域周産期母子医療センターの施設認定を受け る。
1998年 4月 緩和ケア病棟を開設。
産科で家族連れ入院、開業助産所との医療連携を開始。
6月 緩和ケア病棟の施設基準を取得。(11床)
10月 第1回未熟児同窓会を実施。(以後継続的に実施)
1999年 4月 地域連携室を開設。
6月 産科外来の一部を改修し、助産婦相談を開始。
8月 緩和ケア病棟を22床に増床。
2000年 2月 臍帯血バンク協力医療機関となる。
3月 ホームページを開設。
12月 東京都より救急告示病院の認定を受ける。
2002年 1月 オーダリングシステムを稼働。
4月 東京都より指定二次救急医療機関(内科系・外科系)の認定を受ける。
「小児科」を「小児科」と「新生児科」に分科。
6月 第1回の健康教室を開催。(以後継続的に実施)
2003年 9月 「患者様の権利宣言」を作成した。
2004年 2月 「賛育会病院症例検討会」を開催。(以後継続的に実施)
5月 新外来棟(東館)が新築し、既存外来棟(西館)の改修工事を開始。
6月 新外来棟(東館)での診療を開始。
10月 既存外来棟(西館)3階に図書室をオープン。
11月 MRIによる診療開始。
2006年 2月 日本医療機能評価機構による病院機能評価の認定。
(認定期間は2006年2月20日~2011年2月19日)
10月 マルチスライスCTを導入。
2007年 1月 賛育会訪問看護ステーションを移転。
2月 外来棟BGM放送を開始した。
2011年 2月 日本医療機能評価機構による病院機能評価の更新認定。
(認定期間は2011年2月20日~2016年2月19日)

カテゴリ:お知らせ