HOME > 診療科・部門案内 > 小児科 > 診療科紹介

小児科

診療科紹介

いつでもお母さん、お父さんの応援団

診療内容

当地域の基幹病院の一つとして、一般小児診療と専門診療に対応しています。


〈外来診療〉
午前は一般外来とし、3〜4人の医師が外来を担当しています。
午後は専門性の高い心臓疾患、神経疾患、アレルギー疾患、腎臓疾患などに対応する専門外来や未熟児・新生児集中治療室を退院した児のフォローアップ外来を設け、予約制で診察をしております。


〈入院診療〉
入院が必要な場合は、入院棟2階にある小児専門病棟(18床)へ入院していただき、専門的かつお子さんや御家族の立場にたった治療を提供しております。

より高度な専門性を必要とする疾患と考えられた場合は、大学病院や専門施設などに責任を持って紹介させていただいております。

また、当科の未熟児・新生児集中治療室はNICUの施設基準をもった6床を備え、東京都の地域周産期母子医療センターに認定されております。1年365日24時間医師が勤務し新生児の救急医療にあたっております。

特色

「いつでもお母さんお父さん応援団」そんな気持ちで診療しております。

地域密着・子育て支援を目指し、乳児健診は週3回の健診日を設けております(要予約)。
小児救急対応として月〜金曜日の17時〜翌8時30分まで、土曜日の17時〜21時30分まで、日曜日・祝日の9時〜11時、14時〜16時に小児科医が救急外来に対応しております。

主な医療設備・検査

超音波検査、CT検査、MRI検査、各種造影検査、脳波検査など小児疾患の診断・治療に必要な診断・治療機器を揃えております。また6床のNICUに対応できる人工呼吸器、保温器をはじめとする諸設備があります。

その他

◆5月の日曜・祝日小児科救急外来について

5月の日曜日・祝日小児科救急外来は下記のとおりの体制となりますので、お知らせいたします。

       記
5月1日(日)二次救急対応となります。
5月3日(祝)二次救急対応となります。
5月4日(祝)二次救急対応となります。
5月5日(祝)二次救急対応となります。
5月8日(日)通常通り外来を行います。
5月15日(日)二次救急対応となります。
5月22日(日)通常通り外来を行います。
5月29日(日)二次救急対応となります。
二次救急対応の日は、入院を要する患者対応・紹介状をお持ちの方・点滴対応・救急車で搬送される方等が対象となります。かかりつけの患者さんでも対応が出来ない場合がありますので、ご了承下さいますようお願い申し上げます。
軽度の対応につきましては、墨田区休日応急診療所への受診をお勧めいたします。
●墨田区休日応急診療所
(住所)墨田区向島3-36-7
   すみだ福祉保健センター
(電話)03-5608-3700

賛育会病院 院長

日曜日・祝日の小児科救急外来について

日曜日・祝日の小児科救急外来診療は、現在救急外来担当の医師の配置が困難になっております。

病棟管理担当に医師を1名配置しておりますが、軽症の患者さんにつきましては、墨田区の休日応急診療所または近隣病院の受診をお願いしております。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

<墨田区休日応急診療所>

住所  墨田区向島3-36-7 すみだ福祉保健センター

電話  03-5608-3700


◆疾患名一覧

消化器疾患(胃腸炎、腸重積、胆道閉鎖症、その他)

81例

呼吸器疾患(咽頭扁桃炎、気管支炎、細気管支炎、肺炎)

110例

感染症
(RSウイルス、マイコプラズマ、インフルエンザ、敗血症/菌血症、百日咳、その他)

136例

アレルギー疾患(気管支喘息、食物アレルギー)

83例

腎・泌尿器疾患(尿路感染症、その他)

17例

血液疾患(血小板減少性紫斑病、ウイルス関連血球貪食症候群)

3例

免疫疾患(川崎病、その他)

11例

脳神経疾患(熱性けいれん、髄膜炎、胃腸炎関連けいれん、その他)

16例

耳鼻咽喉科疾患

10例

皮膚疾患

10例

循環器疾患

1例

内分泌・代謝疾患

7例

その他

20例

 

このページの上へ