診療科・部門

ホーム > 診療科・部門一覧 > sinryo_bumon/seikeigeka.html

整形外科

グループ診療で手厚いケアを

診療科紹介

 

診療内容

当院は整形外科専門施設であり、順天堂大学関連施設、日本整形外科学会専門医研修施設に認定されており、他大学からの派遣医師ですべての診療を行っています。フリーランス医師は採用せず、ほぼすべての医師が順天堂大学医局からの派遣医であり、それぞれの大学医局に在籍した医師が、当院において医療技術を日々研鑽しております。

一般整形外科は勿論専門性の高い股関節、膝関節、脊椎、外傷、スポーツ、骨軟部腫瘍など専門スタッフが診療を行っています。

当院は順天堂後方支援病院であるため、順天堂医院からの術後のリハビリ患者様を積極的に受け入れております。また一方で、墨田区近隣の地域病院としての役割を担い、手術入院治療が必要な患者様を診療、治療を行っております。

賛育会病院では当院に入院にしてから退院までの間に、介護の必要な患者様については様々な社会福祉サービスができる様に、ソーシャルワーカースタッフが責任をもって情報提供、支援いたしております。

 

最小侵襲人工股関節置換術

当院では早期回復を目的とし、人工股関節置換術では前方アプローチを利用しております。メリットは従来法と比べ筋肉、腱を切離しないため術後の早期リハビリ、脱臼予防に効果的です。当院では前方アプローチに変更してから、術後の脱臼はなくなりました。現在の入院期間は約14日前後で杖無しで退院されます。

また当院では術後のケアが大切であると考えており、半年に一回検診を受けて頂いております。人工関節は耐用年数が15年から20年と言われておりますが、人工関節が壊れたり、ゆるんできた症例では入れ替えの手術を検討いたします。当院では他院からの紹介患者様でも人工関節の再置換術を積極的に行っています。

 

人工膝関節置換術、人工膝関節単顆置換術

近年変形性膝関節症や、関節リウマチ・骨壊死など膝の変形・疾患に伴う痛みのため歩行が困難になる患者さんが多く、人工関節手術を受けられる患者様が増加しております。

当院では通常の人工膝関節はもとより、片側だけの変形性関節症であれば片側置換術手術を行い、さらに侵襲が少ない人工関節が選択できます。膝の痛みでお困りの方はぜひ一度相談してみてください。

  

 

関節鏡手術

当院では肩関節鏡、股関節鏡手術を行っています。肩関節においては腱板断裂、反復性肩関節脱臼に対して鏡視下手術を行っています。股関節では関節唇損傷、FAIなどの治療を行っています。

特に股関節鏡手術は熟知した経験ある医師が行わないと合併症のリスクが高く、よい結果が出ません。当院では股関節鏡手術が可能であり、股関節痛でお困りの方はぜひご相談ください。また他の関節でのスポーツ障害等でお困りの方はぜひご相談ください。それぞれの専門医を紹介させて頂きます。

 

運動器外傷

いわゆる「怪我」を診ます。切創、挫創、打撲、捻挫、骨折、脱臼、関節損傷などを指します。急性期の対応が重要です。外来で初期治療を行い、必要な治療(洗浄、縫合、整復、ギブスなどによる外固定等)を行います。入院治療、手術が必要と判断された場合は緊急入院して治療を継続します。

変形性関節症

関節の軟骨がすり減る事により痛みや機能障害がおきます。保存療法から手術療法まで幅広い治療方法があります。まずは、運動療法、薬物療法を中心とした保存療法(手術を行わない方法)を行います。その過程で保存療法に抵抗性で患者様の日常生活が疼痛や機能低下により著しく障害された場合に手術を行います。

骨粗鬆症

様々な原因で骨がもろくなった状態をさします。原因の特定、適切な治療が必須です。自覚症状がない間に病状が進行し、軽微な外傷で骨折がおきてしまい、日常生活を著しく障害します。早期の発見が大事です。

運動器不安定症

高齢者で、歩行・移動能力の低下のために転倒しやすい、あるいは閉じこもりとなり、日常生活での障害を伴う疾患を運動器不安定症(Musculoskeletal Ambulation Disability Symptom Complex:MADS)と呼びます。重症化を防ぐために医師の診察、指導、運動器リハビリテーションなどの介入が大切です。

上記の疾患を常勤医師2名、非常勤医師11名体制で診察します。外来は毎日行っており、手術は主に毎週火曜・木曜の午後に行っております。

特色

主な入院症例と手術症例を示します。

入院症例一覧 
  • 大腿骨頚部骨折
  • 大腿骨転子部骨折 
  • 橈骨遠位端骨折 
  • 橈骨頭骨折 
  • 踵骨骨折 
  • 膝蓋骨骨折 
  • 手根間症候群・肘部管症候群 
  • バネ指、等
手術症例一覧
  • 観血的骨接合術
  • 人工股関節全置換術
  • 人工骨頭置換術
  • 生検術
  • 抜釘術、等

急性期病院の手術症例の特徴として、骨折治療が主になります。頻度が非常に多い大腿骨近位部骨折に対して早期の離床、歩行能力獲得を目的として治療を行っています。大腿骨頚部骨折には術前の歩行能力、全身状態に合わせて、人工股関節全置換術、人工骨頭置換術、骨接合術の3つから最適な方法を選び手術を行います。大腿骨転子部骨折には骨接合術を行い、術翌日から歩行訓練を始めます。これらの手術は順天堂大学整形外科学講座から派遣して頂いている股関節外科医とともに手術を行っています。また、四肢長官骨の骨折すべてに対応しており、早期の除痛・機能維持を目的に手術を行います。

手術症例以外にも、入院が必要な保存療法(手術を行わない運動療法など)患者様が入院され、他院で手術を行い術後のリハビリテーションを当科で行う例も増えて来ております。

高齢者の増加に伴い、骨折を中心とした運動器外傷が増大傾向にあります。特に大腿骨近位部骨折は人口10万人に対して80人発生し、今後50年で発生率は倍になると言われています。手術により早期離床、歩行能力の維持が重要になりますが、当科はそれらの治療を非常に得意としていますので、いつでもご相談して頂けたらと思います。また、地域密着型の急性期病院としての任務を全うできるよう、すべての運動器外傷患者様を受け入れる基本方針でいます。どんなことでもご相談して頂ければと思います。よろしくお願い申し上げます。

主な医療設備・検査

リハビリテーションに関しましては、施設基準の
「脳血管疾患リハビリテーション」II
「運動器リハビリテーション」I
「呼吸器リハビリテーション」I
をそれぞれ取得しております。

当院のリハビリは理学療法士が5名、作業療法士が3名、言語聴覚士が1名常在しており入院患者様をメインに幅広い機能訓練に対応しています。検査として一般的な単純レントゲン撮影、CT、MRI撮影、骨密度測定、神経伝導速度測定等が可能です。

スタッフ紹介

部長

小林 英生

専門領域

整形外科一般、股関節、肩関節

資格等

医学博士
日本整形外科学会専門医・指導医
日本整形外科リウマチ医
日本整形外科学会スポーツ医

その他

順天堂大学(平成12年卒)
順天堂大学非常勤助教
Santy Orthopedic Center(リヨン)、フランスにてclinical fellow.
Corail Arthoro groupでclinical fellow.(2016年)
順天堂医院股間節診(毎週水曜日 PM外来)

医員

谷口 有

専門領域

整形外科一般

資格等

日本整形外科学会専門医

その他

帝京大学(平成21年卒)

非常勤

中嶋 理子

専門領域

整形外科一般、膝関節、スポーツ

資格等

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ認定医
日本体育協会公認スポーツ医
日本整形外科学会リハビリテーション医

非常勤

川﨑 隆之

専門領域

整形外科一般、肩関節、膝関節、スポーツ整形外科

資格等

日本整形外科学会専門医・指導医
日本整形外科学会スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター

非常勤

末原 義之

専門領域

整形外科一般、骨軟部腫瘍

資格等

医学博士
日本整形外科学会専門医

非常勤

遠田 慎吾

専門領域

整形外科一般、脊椎外科

資格等

日本整形外科学会専門医
日学整形外科学会認定脊椎・脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会
脊椎脊髄外科指導医

非常勤

本間 康弘

専門領域

整形外科一般、股関節外科、人工関節、外傷全般

資格等

パリ東大学修士課程修了
順天堂大学大学院博士課程修了

非常勤

幡野 佐己依

専門領域

整形外科一般、股関節疾患

資格等

日本整形外科学会専門医

非常勤

中川 亮

専門領域

整形外科一般

非常勤

赤池 慶祐

専門領域

整形外科一般、骨軟部腫瘍

資格等

日本整形外科学会専門医

非常勤

武田 純

専門領域

整形外科一般

非常勤

佐藤 達哉

専門領域

整形外科一般

資格等

日本整形外科学会認定専門医

非常勤

塩田 浩平

専門領域

整形外科一般

非常勤

横内 麻里

専門領域

整形外科一般

その他

◆整形外科休診のお知らせ

7月7日(土)   本間康弘医師 休診

ご迷惑をおかけしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリ:お知らせ