診療科・部門

ホーム > 診療科・部門一覧 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療科紹介

わかりやすく治る治療を目指して

診療内容

2018年4月から耳鼻咽喉科は、常勤1名および非常勤3名体制となりました。

一般外来は、月曜日から金曜日の午前中および火曜日の午後、土曜日の第1・第3・第5週の午前中に行っており、耳・鼻・のど・頸部の疾患について、小児から成人にかけて幅広く診断および治療を行っております。

外来診療で対象としている主な疾患は以下の通りになります。
① 中耳・外耳疾患:外耳炎、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎
② 内耳疾患:急性難聴(突発性難聴など)、感音難聴
③ めまい・顔面神経麻痺:末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群)、メニエール病、良性発作性頭位めまい症など
④ 鼻疾患:アレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症、慢性副鼻腔炎
⑤ 咽頭・喉頭疾患:急性扁桃炎、扁桃周囲炎、声帯ポリープ
⑥ 頭頸部腫瘍(良性):先天性嚢胞性疾患、唾液腺腫瘍(耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍)、甲状腺腫瘍など

小児症例についての診断、治療、および手術につきましては、当院小児科とも密に連携をとりながら対応しております。当院にて対応が難しい疾患(悪性腫瘍など)については東京医科歯科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科と連携をとっております。

月曜日の午後は補聴器外来を行っており、補聴器が必要な方の試聴、フィッティングおよび耳鳴りに対しての治療を行っています。
2018年4月から身体障碍者の聴覚障害認定、および補聴器助成制度に対する申請も可能となりました。また近隣の補聴器店へのご紹介も行っております。耳鳴りに対しては、TCI加療器(Tinnitus Control Instrument:耳鳴治療器)を用いたTRT(耳鳴順応療法:耳鳴りに慣れることを目的とした治療)加療を行っています。補聴器装用を考えていらっしゃる方、耳鳴りで困っていらっしゃる方はご相談ください。

水曜日は小児耳鼻科外来を行っており、新生児から小児を対象とした咽頭から喉頭、気道の評価を行っております。レントゲンやCTおよびMRIによる画像検査や、細径のファイバースコープにて鼻腔から咽頭、喉頭にかけて精査を行います。「鼻がつまって苦しそうだ」、「いびきや夜間の睡眠時無呼吸がある」、「呼吸するとぜいぜい音がする」などの症状がありましたら、ご相談ください。

手術は小児から成人に対して行っております。主な手術対象疾患は、以下の通りです。

小児
① 耳疾患:滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術
② 鼻疾患:アレルギー性鼻炎に対する下鼻甲介粘膜焼灼術(高周波)
③ 先天性疾患、炎症性疾患:先天性耳瘻孔に対する耳瘻管摘出術、下口唇嚢胞に対する摘出術など

成人
① 耳疾患:滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎
② 鼻疾患:慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔弯曲症
③ 咽頭・喉頭疾患:声帯ポリープに対する喉頭微細手術


小児の鼓膜チューブ留置術は外来で行う場合と、一泊二日で行う場合があります。中耳炎および副鼻腔炎の手術は、状態によっては内視鏡を用いて手術を行うことができ、その場合は身体的な負担も軽く、早めに退院することも可能です。
入院については、上記疾患で入院が必要な場合に対応しております。外来での治療では難しい場合には、紹介状をご持参いただく、あるいは地域連携を通して、ご受診いただけましたら幸いです。

主な医療設備・検査

《 外来 》 顕微鏡2台、鼓膜写真・内視鏡写真撮影装置、聴力検査装置 (純音・語音、耳鳴検査装置) 、インピーダンスオージオメーター(ティンパノメトリー、耳小骨筋反射など)、ABR(聴性脳幹反応検査)、電気眼振検査装置、重心動揺計、眼振観察赤外線CCDカメラ、電気味覚計、鼻咽喉ファイバースコープ(標準、小児用、生検用、携帯用)、ファイバースコープ用DVD機器、高周波手術器機など。

スタッフ紹介

管理医長

藤井 可絵

専門領域

耳鼻咽喉科一般、小児耳鼻咽喉科

資格等

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
身体障碍者福祉法第15条指定医師
補聴器相談医
耳鼻咽喉科専門研修指導医
補聴器適合判定医師
小児慢性特定疾病指定医

非常勤

朝蔭 孝宏

専門領域

耳鼻咽喉科一般、頭頸部がん

資格等

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
耳鼻咽喉科研修指導医
頭頸部がん専門医
がん治療認定医
気管食道学会専門医

非常勤

川島 慶之

専門領域

耳鼻咽喉科一般

資格等

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医 

非常勤

清川 佑介

専門領域

耳鼻咽喉科一般

資格等

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
頭頸部がん専門医
がん治療認定医

その他

◆耳鼻科外来休診のお知らせ

8月13日(月)~15日(水)、17日(金)、18日(土) 藤井可絵医師 休診

8月14日(火) 朝蔭孝宏医師 休診

ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

カテゴリ:お知らせ