グループホーム「さんいくの家あづま」

グループホームとは

認知症の方の共同生活をサポート。家庭的な明るい雰囲気です。

認知症の方が5名~9名のグループで共同生活をし、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフとともに行います。家庭的な雰囲気の中で生活を送ることによって、認知症の進行をゆるやかにし、家庭での介護の負担軽減を目指します。「さんいくの家あづま」(認知症対応型共同生活介護)は9名のユニットが2つ、18名の生活の場です。併設型施設の利点を生かしつつ、町の中の大きな我が家として、できるだけあたり前の生活や人間関係の中で過ごせるよう、地域とのかかわりを大切にしています。

サービス内容

日常の生活

ご本人と相談しながら、日々の暮らしをつくります。日常生活の中で、掃除や洗濯物たたみなどできるところは行っていただき、できないところをスタッフがお手伝いします。趣味など昔から親しんできた活動などができるように支援します。

お部屋

完全個室、冷暖房完備のプライベート空間です。ご自身が使いやすいお好きな部屋づくりができます。

食事

日常はグループホームのキッチンで3食を作っています。近隣の商店での買い物や、調理、後片付けなど、一人ひとりができる事をします(職員がサポートします)。行事や節句の料理、ときにはおやつを作ったり。出来立ての温かい料理と温かい食卓を心がけています。

掃除・洗濯

庭先に干したり、取り込んだり、畳んだり。できることを協力して行います。お掃除も、掃除機が使える方はご自分で掃除機も使いますが、その方に応じて職員がサポートし、清潔な環境で暮らします。

ご入浴

各ユニットにある家庭浴槽で入浴いただきます。ご自身でできないことはスタッフがお手伝いをします。

健康管理

今までかかっていた医療機関をそのまま継続できますが、原則としてご家族の付き添いになります。通院が難しい場合は訪問診療での対応も可能です。また、賛育会訪問看護ステーションとの連携体制により、日々の健康管理を行っています。

介護スタッフ

賛育会の介護施設で経験をつんだスタッフを中心として対応します。ユニットでは固定のスタッフが、安心した日常生活が送れるようにお手伝いします。夜間帯は各ユニット1名の職員が常駐します。

地域とのかかわり

運営推進会議に町の方に参加していただき、「さんいくの家あづま」の運営にともに携わっていただいています。また、入居者の皆様が町へ出かけ、町の方との交流を持てるよう支援しています。

  • aaaa

    お部屋の一例

  • aaaa

    リビングでの団欒タイム

  • aaaa

    体操の時間

  • aaaa

    食事づくり

  • aaaa

    近隣商店でのお買いもの

  • aaaa

    趣味の活動

ご利用いただける方

以下の要件に該当する方が対象者になります。

墨田区にお住まいの方(墨田区が介護保険者であること)

認知症の診断を受けた方

介護保険の要介護認定を受けて、要支援2以上の認定を受けている方

医療的な処置が常時必要ではない方

グループホームでの共同生活に支障のない方
(自立歩行が可能で簡単な調理等が支援を受けてできること)

ご利用料金

グループホーム料金表:PDFデータ

ダウンロードしたPDFの閲覧・印刷にはAdobe Readerが必要です。

お申し込み方法

お申込は直接施設にご相談いただくか、ご担当のケアマネージャーにご相談下さい。尚、ご見学は随時受け付けておりますが、あらかじめお電話いただければ幸いです。

TEL:03-6861-8773

案内パンフレット:PDFデータ

ダウンロードしたPDFの閲覧・印刷にはAdobe Readerが必要です。

施設概要

定員:18名

職員体制:介護員、計画作成担当者・管理者

お問い合わせ・ご見学希望

さんいくの家 あづままで直接ご連絡ください。

TEL:03-6861-8773